小ジワができる原因と予防法を解説【小ジワのない美肌になりたい!】

目元や口元にできやすい小ジワまり目立たないのでなにもケアをせずに過ごしてしまう方が少なくありませんが、放置をしているとやがて大きなシワになってしまうことがあります。

大きなシワを作らないためには、小ジワのうちから予防をしておくことが大切です。

そこで、ここでは小ジワの原因と予防方法を紹介します

 

小ジワの原因

皮膚は表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」で構成されています。表皮のもっとも上の層が「角質層」で、角質層の構造が整っているとキメが整った肌となります。

小ジワは角質層の構造が乱れることで起こるものです。角質層の構造が乱れる原因として考えられることは3つあります。

1・乾燥 角質層は「皮溝」という細かな溝と、溝に囲まれて「皮丘」という部分で構成されています。乾燥をするとこの構造が乱れて小ジワが目立つようになります。

2・紫外線 紫外線は肌の乾燥を進行させます。それだけでなく、真皮層のコラーゲンやエラスチンを劣化させて、肌の弾力が失われることによる大きなシワを作る原因にもなります。

3・加齢 年齢を重ねると肌の生まれ変わりの周期が遅くなり、古い細胞が肌表面にとどまりやすくなります。それによって、肌が乾燥しやすくなります。

保湿ケア

乾燥は小ジワを作る最大の原因なので、小ジワを防ぐためには保湿ケアを重視します。 化粧水には水溶性の成分と水分を与える働きがあり、乳液やクリームには油溶性の成分を与えたり、化粧水で与えた潤いを守る働きがあったりするように、それぞれの化粧品で役割が違います。

そのため、化粧水だけでなく、乳液またはクリームも使うようにしましょう。 目元や口元は乾燥しやすく、小ジワができやすい部位なので、目元と口元は特に保湿ケアを重視することをおすすめします。

また、潤いを与えるケアだけでなく潤いが逃げないようにすることも大切です。 1日に何度も洗顔をする、長時間の洗顔をする、熱いお湯ですすぎをするなどは肌にもともと存在するうるおい成分を奪うことにつながるので、これらの行為は控えるようにして潤いを守りましょう。

体の中からも潤いケア

化粧品を使って外から保湿ケアをするだけでなく、食事で体の中からも潤いケアをしていきましょう。乾燥を防ぐために積極的に摂りたい食品は以下のようなものです。

・ビタミンA、βカロテン

βカロテンは体内でビタミンAに変換されます。ビタミンAは粘膜を健康的に保つ働きがある栄養素です。 脂溶性のビタミンで油と一緒に摂取をすると吸収率が高まります。

多く含まれる食品:ニンジン、かぼちゃ、うなぎなど。

・タンパク質

肌の生まれ変わりを整えるために摂りたい栄養素がタンパク質です。タンパク質は肌だけでなく、髪、爪、筋肉など体のさまざまな部位で必要とされています。

多く含まれる食品:肉類、魚類、卵、大豆、乳製品など

・ビタミンC

ビタミンCには抗酸化作用があり、老化の原因といわれる活性酸素を抑えてくれます。また、タンパク質、ビタミンC、鉄分によってコラーゲンの生成を促します。 ビタミンCは水溶性の成分で体内にためることができず、一度に大量に摂取をしても尿として排泄されてしまいます。上手な摂取のポイントは、こまめに摂ることです。

多く含まれる食品:レモン、イチゴ、キウイ、赤ピーマンなど

・ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用や血流をよくする働きがあります。肌の生まれ変わりを整えるためには、血流をよくして酸素と栄養素を細胞に届けることが大切になります。

多く含まれる食品:うなぎ、かぼちゃ、アーモンドなど

 

まとめ

目立たないからと放置しがちな小ジワですが、何もケアをしなければ大きなシワとなってしまうことがあります。ここでは、小ジワの原因と予防法を紹介しました。大きなシワとなる前に予防をして、いくつになってもシワのない肌を目指したいですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事