モテる服は間違いだった?男性が本当に好む服装のススメ

昔と比べると様々なオシャレがあります。

そして、それに合わせて次から次へと流行が生み出されます。

しかし、男性ウケを狙うのであれば、流行ばかりを追いかけるのは得策とは言えません。

今回は、モテを意識した服装のススメをご紹介します。

モテたいならオシャレをするな


・モテと流行は違う
少し前だとガウチョパンツやフリルなど
毎年のように流行は生み出されます。

しかし、これらの流行は男性にとっては理解しがたいものがあります。

例えば、近年ではオーバーサイズが流行っていますが、男性は「サイズが合っていない」という印象を抱きがちです。

オーバーシャツをベルトの前だけインし、後ろは隠すといったファッションも大流行しましたが、男性は「キチンと服を着ていない」「後ろが出てしまっている」と思います。

このように、ただ流行に振り回されていると男性の印象を悪くさせてしまうかもしれません。

・布面積の広さは関係ない
モテる服を意識した時に、真っ先に思い浮かぶのがセクシーさではないでしょうか。

体のラインが出た服や、胸元が開いた服などは、たしかに男性の視線を得られます。

しかし、露出の激しい女性を自分の女にはしたくないという複雑な男性心があります。

・華やかさは必要ない
奇抜さや華やかさは必要ありません。

女性は細かい所にも目がいくため、細部に渡ってオシャレを楽しみますが、
極端な話男性は「パンツ」「スカート」「白」「黒」ぐらいしか分かりません。

ですので、奇抜な服や華やかな服を着ると、かえって圧倒され過ぎて敬遠してしまいます。

モテる色とモテない色


・色の重要性
服の形も必要ですが、それ以上に色が大切です。

理由は、男性がぱっと見で印象を判断するのは色だからです。

人の特徴を話す時、女性は事細かに説明できるのに対して、男性は「黒の服を着た人」ぐらいしか分かりません。

逆を返せば、色選びで失敗するとモテからは遠ざかります。

・素肌をイメージ
では、モテる色とは何なのか。

イメージは素肌です。
肌色や白など、人体に存在している色は男性のみならず皆が安心します。

また、薄い水色や薄いグレー、ピンクなど、素肌に近い色であればあるほど男性からモテる服に近付きます。

・垢抜けたいなら膨張色
多くの人の視線を浴びたいのであれば、膨張色がオススメです。

街や電車の人を見てください。
殆どの人が暗い服を着ています。

それは、膨張色は当然太って見えるので人が敬遠されがちだからです。

そこで全身膨張色を身につけた女性が目に飛び込んで来ると、男性の好感度は上がります。

体型が気になるのであれば、ダイエットをしてでも膨張色を身につけるべきです。

・原色は怖がられる
反対に、全身原色で固めてしまうと男性に怖がられます。

奇抜な色は、性格も奇抜だと思われるので敬遠されがちです。

また、全身黒はもっと男性から怖がられます。

黒というのは、全ての色を飲み込む力がありますので、自分も飲み込まれてしまうのではないかという想像を掻き立てられるようです。

原色や黒を着たい場合は、コーディネートの一部だけ取り入れましょう。

モテる服とは?


・イメージは専門職
ナースや警官といった、制服のある職業は、今の時代でと男性に人気です。

しかし、私服で制服を着るわけにはいきません。

ですので、制服をイメージした服装を意識しましょう。

シャツワンピやシャツをインしたスカートなどは、シンプルながら制服みたいなので好感触を得られます。

・シンプルイズベスト
なんといっても、シンプルに敵う服装はありません。


流行やオシャレは万人ウケしませんが、
シンプルな服装は万人ウケします。

お年を召された方にも好感触を得られる服装が、男性にもモテます。

まとめ


この記事を読んで、オシャレ好きな女性は憤りを感じたかもしれません。

しかし、今落としたい男性がいるにも関わらず、上手くいっていないのであれば一度お試し下さい。

印象が変わるとそれを囃し立てる人もいますが、気にする必要はありません。

とはいっても、自分に似合う服が一番のモテ服です。
今回、シンプルな服を提案した理由は、シンプルが服が似合わない人は居ないからです。

今回の記事を参考にし、是非オシャレを楽しんで下さい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事