野外レジャーに出かけたり、長時間屋外で作業しているとうっかり日焼けをしてしまうことも多いですよね。日焼けは紫外線により皮膚が赤く炎症を起こしている状態です。 日焼け後できるだけ早くケアすることをおすすめしますが、遅くても72時間以内に日焼けケアを行うことでダメージが軽減できると言われています。今回は日焼けした後のケア方法についてご紹介します。

日焼けはやけどと同じ?冷やして炎症を鎮める

日焼けはやけどと同じく皮膚に炎症が起きている状態のため、冷やすことで炎症を少しでも抑えることができます。

肩や腕など、全体的に日焼けしている時は、シャワーを浴びるのがおすすめです。冷水をかけたり、ぬるめの水で全身を冷やしましょう。

部分的に冷やしたいときや、手近なもので対処したいのであれば保冷剤や凍らせたペットボトルを使用するのもおすすめです。保冷剤をタオルで巻き、優しく日焼け部分にあてましょう。

日焼け後は保湿も大切!シミや毛穴の開きなどの肌トラブルにも

日焼けすると肌は乾燥します。乾燥は美容の大敵です。しわ・しみ、毛穴の開きなど、見た目年齢を老けさせる要因にもつながりかねません。

また、乾燥がひどくなると肌のバリア機能が低下して日焼けからさらなる肌トラブルに発展してしまうことがあります。 日焼けのアフターケアで保湿は非常に重要です。

日焼け後の肌は敏感になっているため、できるだけ低刺激の化粧水をたっぷりと使って肌を保湿します。コットンを使用しても良いですが、コットンによる摩擦や刺激が気になる方は手でなじませてもOKです。

顔だけでなく、肩や背中など日焼けした箇所はできるだけすべて十分な保湿をしましょう。

化粧水やフェイスパックは冷蔵庫の中?冷やして使うのもおすすめ

化粧水やフェイスパックの中には、冷蔵庫で冷やして使用することをメーカーがおすすめしているものがあります。

お肌を冷やしながら保湿ができるので、一石二鳥です。ひんやりとして気持ちが良いので、日焼けのアフターケアだけでなく夏場のスキンケアにもおすすめですよ!

水分不足は体にもお肌にも悪い!たっぷりの水分補給を

日焼けはお肌だけの問題ではありません。屋外で日焼けする場合の多くは気温が高く、脱水気味になっているケースことが多いです。

体内の水分量が不足していれば、肌表面から化粧水で保湿をしても肌は乾燥してしまいます。日焼けをした場合は脱水を防ぐためだけでなく、お肌を守るためにも水やスポーツドリンクで水分補給を行いましょう。

熱中症にも注意してくださいね。 ビールなどのアルコールが含まれている飲み物や、コーヒーなどのカフェインは利尿作用があります。脱水症状を助長してしまうことがあるので注意が必要です。

 

ビタミン摂取で長期的に日焼けのケアを

日焼け後のシミ・そばかすを気にして美容液などで肌表面にビタミン補給する人は多いですが、体の中からもビタミン補給してケアしましょう。

おすすめのビタミンはビタミンCです。すでに美容と健康のために摂取している人も多いかもしれません。ビタミンCにはシミの元になるメラニン色素の生産を遅らせる作用があると言われています。また、肌のハリ・ツヤに関係するコラーゲンの生成にも関係しているため、美容と健康に欠かせないビタミンです。

ビタミンCが多く含まれている食品は、ブロッコリーやキャベツ、キウイやイチゴがおすすめです。ビタミンCは熱に弱いので、加熱せずに食べられる食品を選んでみるのもよいでしょう。

基本はバランスの良い食事からビタミンを摂取するよう心がけ、補助としてサプリメントを取り入れるのもおすすめです。

一気に摂取すればよく効く…というわけではないので、継続的にビタミン摂取を心がけてみてくださいね。

まとめ

まとめ

日焼け止めや帽子、サングラスなど日焼け防止のための対策はもちろん大切です。

しかし、日焼け止めの塗り直しができなかったり、急な野外遊びでうっかり日焼けしてしまうことは誰にでもあります。

アフターケアを早急にしっかりすることで、肌への負担が最小限に抑えられるかもしれません!

うっかり日焼けにはあきらめず、アフターケアに力を入れてみてくださいね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事